ベジタリアン(ベジアン)餃子が誕生するまで|開発秘話

ベジタリアン餃子を開発したきっかけは、知人の「野菜のみの餃子って売ってないよね。」の一言からでした。

確かに野菜餃子と謳ってあっても肉類が入っているものがほとんどで、100%野菜の餃子は皆無でした。

自分も四足動物の肉類を食べない生活を始めて10年近く経ってた頃で懐かしく思い、ちょっと作ってみようかという軽いのりで始めたのですが、思った以上に餃子の味に近づける事が難しくかなり、歳月をかけることに成ってしまったのです。

一番の難関は脂分でした。

肉類の代用品は最近注目されている大豆ミートを使用することで肉類の食感は解決したのですが、パサパサに仕上がってしまい、餃子の醍醐味のジューシーさがまったく感じれず、なんとも味気ない失敗作となってしまいました。

その失敗から脂分を加えることにしたのですが、ここからが大変でした。

植物性油脂で味覚に大きく影響を及ばさない物が絶対条件!

最初にゴマペーストを使用して配合量をいろいろ変えて試してみたところ、脂分を感じるところまでペーストを入れるとゴマの香りが強くなってしまい、全体のバランスが崩れ一般的な餃子とはほど遠い物になってしまい断念しました。

次に何かないかなと考えている時にふと森のバターと言うワードが頭に浮かび、アボカドなら上手くかもしれないと思い、早速試してみるといけそうな手応えがありました。

しかし、アボカドの熟れ具合が出来上がりに作用するため、味に少し幅が出る欠点があります。

しかしながら、栄養素、効能を良く調べてみたら良い点が多く、必要不可欠な素材だったのです。

血液サラサラ・・・アボカドはβシステロールという脂質を含んでいてコレステロールの吸収そのものを抑える効果が確認されています。又、ノンコレステロールの不飽和脂肪酸なので、皮下脂肪にはならず、血液中の悪玉コレステロール値を下げます。

整腸作用・・・アボカド1個でごぼう1本分に相当する食物繊維が含まれているので腸の働きを整えダイエット美容効果を得られる要素があります。

細胞を育てる・守る・・・葉酸は細胞を作るためにかかせない上、細胞増殖を促すDNA合成にも必要で、特に妊娠初期の女性には大変重要とされ、女性のビタミンと呼ばれています。葉酸の成人1日必要摂取量200μg(但し、妊婦は400μg)をアボカド1個でほぼ補えます。

体脂肪率の低下・・・脂肪を分解するビタミンB2が豊富のうえ、上記の血液サラサラ効果、整腸作用β-シトステロールの総合作用により、疲労回復に優れに無理なく体脂肪を落とせる理想のダイエット食品です。

お肌つるつる・・・アボカドにはリノール酸、リノレン酸(以前はビタミンFと呼ばれた必須脂肪酸)が含まれ、アボガド二分の一約100gで1日の所要量を充分摂取、お肌を乾燥から守ってくれるセラミドを作り、お肌をツルツルにします。

又、皮膚の健康を維持するビタミンB2ビタミンB3(ナイアシン)も豊富に含まれていて美肌に貢献します。

肝臓を守る・・・アボカドには、特に肝臓で働く抗酸化物質、グルタチオンが豊富に含まれ、飲酒・喫煙等によるアルコールやニコチンなど有害物質の解毒作用を促進します。さらには、肝臓を傷つける活性酸素を除去し、肝機能の低下を防止します。

動脈硬化・高血圧予防・動脈硬化症などを予防するオレイン酸を多く含み、葉酸はホモシステイン(動脈硬化の原因のひとつ)の増加を抑える働きが確認されています。

又、豊富に含まれるカリウムは体内から余分なナトリウムを排出するので、高血圧防止にも役立ちます。

癌予防効果・・・抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれているためがんを予防する効能があるとされます。又、アボガドはパパイヤに次いで、グルタチオン等の解毒酸素を活性化させる誘導能力の高いことが報告されています。

さらに、アボガドには、抗がん作用の強いファイト・ケミカルと呼ばれるルチンやカロチノイドが非常に多く含まれています。これらの多様な成分を含むことにより抗癌性が高い食品と言えます。


ベジタリアン餃子の通販 FUKKO(フッコ)浜松


コメントを投稿する

※お名前はペンネームでも構いません。メールアドレスやウェブサイトは任意となっております。