脱肉食の時代に合ったグルテンフリー&動物性不使用の野菜餡餃子

今時代は脱肉食へと移行し始めています。

アメリカでは大手ミートメーカが擬似ミートを作成してスーパーで普通に販売されるようになってきました。

数年前では考えれないことでした。

根底には環境問題と飢餓の到来への危機感が募ってきたからだと思われます。

肉1ポンド得るためには飼料が4ポンド以上必要とされ水も大量に消費されています。

肉の製造を減らせば飢餓問題は回避されるとさえ言われています。

数年前から元ビートルズのポールマッカトニーさんが肉を食さない日を設けようとと活動されて10年が過ぎようとしています。

世界的アーティストの活動は多くのひとに影響を与えきっと多くの人達が賛同して行動に移しているかと思われます。

また最近ではビルゲイツやデュカプリオさんが擬似肉製造に投資あされているようです。こういった世界的な著名人が環境問題に関わっていることは望ましいことだと思われます。日本においては少し立ち後れ感があるかと思います。

当FUKKOも5年前から大豆ミートを使用した動物性不使用でさらに米粉の皮と小麦不使用の醤油を使うことでグルテンフリーをプラスした商材に仕上がった餃子を開発し地道に販売してきました。告知不足のためあまり認知されていないのが現状です。

しかしながら今風が吹いてきました。グルテンフリーについては欧米に多いセリアック病の認識は日本ではあまり知られていないのが実情です。日本ではダイエットとして取り入れられている感があります。

先日TVドラマでも日本ではあまり知られていないと盛り込まれていました。日本ではアレルギーのほうが問題視されているのが実情でしょう。

最近では日本メーカーも擬似肉に力を入れ始めています。大塚製薬をはじめとした大企業が開発し始め商社は輸入をし始めています。まもなく日本でもスーパーに普通に商品が並ぶ日が来るでしょう。

ただ疑問に感じることはビーガン&ベジタリアンの方々は擬似肉を欲するのだろうかと言う事です。

本来彼らは菜食主義を基本とした食生活を送っているわけで動物性を食さないことが絶対である筈です。

そんな彼らがわざわざ擬似肉を買ってまで食すのかが疑問に思われます。

当FUKKOも大豆ミートを使用して餃子を作っていますが、擬似肉とはほど遠いものです。

しかしながら普通の餃子と遜色ない物に仕上がっています。

グルテンフリー&動物性不使用で作り上げた野菜餡餃子は小麦アレルギーで菜食主義な方々のために開発した商材です。

たまたま時代が擬似肉へとシフトされてきただけであって、FUKKOは家族の団欒が目的であっただけです。

健康的な理由で動物性肉類を食すことが禁じられたひとは擬似肉を求めると思います。主義で食さない人とは根本的に違いがあると思います。

また、擬似肉はいろいろ添加物が使用されているみたいで本当に健康に宜しいのかと疑問に思うしだいであります。

でも時代は肉食離れへと動いていることはたしかです。

近隣の台湾においてもカップラーメンやレトルト食品が多数販売されているようです。

日本においても一般のスーパーで普通に販売されるのもそお遠くないかと思われます。

しかし、日本人は肉、魚の脂肪分の旨みをこのむのため浸透するかは疑問に思えるところです。

それでも健康的な理由から肉食を減らすという流れは止まらないと思います。人生100歳時代においていかに健康な日々を過ごせるかと言うことが重要な課題となりうるからです。

若者が減少して高齢者が増加していく今後ますます擬似肉の消費が高まると思われます。

FUKKOのベジアン餃子は擬似肉とは違いますが時代にマッチした商材だと自負しています。さらにアレルギーにも特化していることが重要なポイントです。

今後、FUKKOはグルテンフリー&動物性不使用を併せ持った商材を開発して皆様に提供していく考えです。
 

ベジタリアン餃子の通販 FUKKO(フッコ)浜松


コメントを投稿する

※お名前はペンネームでも構いません。メールアドレスやウェブサイトは任意となっております。